教えて!?ピロリ菌ってなに?

MENU

ピロリ菌ってなに?

 

乳酸菌には様々な効果があることが分かっています。良く知られているのは便秘解消や腸内環境の改善などですが、インフルエンザウイルスなどの細菌やウイルスの感染防止や、花粉症などのアレルギー症状の緩和などにも効果があると言われているのです。さらに乳酸菌はピロリ菌を除去する効果も知られています。今回はピロリ菌について説明していきましょう。説明します!おならの臭いがきつくなる原因

 

【ピロリ菌とは?】

ピロリ菌とは胃の中に棲みつく細菌です。胃の壁を傷つけて生息することが分かっており、攻撃的な細菌と言われています。胃の中は通常、胃酸の影響で強い酸性下状態になります。そのため細菌が生きていくことはできないと考えられていたのですが、ピロリ菌は住みやすい環境を作り出して生息しているのです。特にピロリ菌は、胃の幽門部分に多く生息しており、慢性胃炎や胃潰瘍、萎縮性胃炎も原因になります。また胃がんや大腸がんになりやすいとも言われているのです。

 

【ピロリ菌保菌率は?】

ピロリ菌は世界中で保持者が発見されています。特に発展途上国では感染率が高く、先進国になるほど感染率は低くなると言われているのです。ピロリ菌に感染する原因は、飲み物や食べ物です。日本人のピロリ菌保菌率は50%以上とも言われています。特に中高年以降の保菌率は高く70%以上にも及びます。しかしピロリ菌に感染しているからといって、絶対に胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胃がんになるわけではありません。感染している人のうち5%程度が病気を発症してしまいます。

 

【生命力の強いピロリ菌】

一度感染してしまうと、普通に生活しているだけでは除菌をすることはできません。ピロリ菌は高い酸性下でも生きていくことができ、活発に動き回ることもできるのです。特に胃の粘膜にすみつき、胃の粘液の下にいることで胃酸の影響を受けないようにしています。またピロリ菌は酵素ウレアーゼを排出します。このウレアーゼは胃粘液に含まれる尿素を二酸化炭素とアンモニアに分解。ウレアーゼは胃粘膜の障害になってしまう毒素なので、胃にトラブルを起こしてしまうでしょう。
生理便秘5